ナセナル台湾記

テーマが「台湾」な物語をたくさんご紹介します〜我最喜歡台灣的故事〜

【台湾】台鉄のチケット発行方法(2019年版)

広告
 
ポイント
■台鉄のチケットは、窓口だけでなく、コンビニや自動発券機でも発券可能
■最も簡単な方法は、台鉄の駅にある自動発券機を利用する方法
■最短5画面で手続きが完了しチケットを入手できる

 

 
前回の記事では、台湾全土に敷かれている台湾鉄道(台鉄)の予約方法クレジットカードでの決済方法をご紹介しました。
 
その際、窓口に以下2つを持っていけばチケットを発行できるとご紹介しました。
 
  • [列印網路信用卡付款取票單](PDF)を印刷したもの
  • パスポート
 
しかし、もっと簡単な方法があるんです。
 
それが、自動発券機である「自動售票機(Tickets Vending Machine)」で発券する方法です。
 
本日はその方法についてご紹介したいと思います。
 
 
<広告>
 
 
 
 

自動售票機での発券方法 

今回わたしが実際に予約済チケットを発券した方法をご紹介します。
場所は、台北駅(臺北車站)です!
 
 
1.まずは台鉄の自動售票機(Tickets Vending Machine)を探しましょう。
  台北駅の場合は、以下の場所を始め様々な場所にありますよ!
 

 
 
2.まず「訂票取票(TicketCollection)」を選択します。
  ※当日この場で予約&発券もできます。その場合は1番上ですね。
 

 
 
3.「身份證字號」は台湾の個人番号みたいなものですが、外国人の場合は パスポート番号 を入力しましょう。
 

 
 
4.「電腦代號」は予約番号ですね。
  前回の記事でチケットを購入した際のページを覚えてますか?
  あちらの 6ケタの数字 を入力しましょう。

 

 
 
5.こちらは往復チケットを買いますか?という質問です。
  不要なので「没有(No)」を選択します。
 

 
 
6.最後に確認画面です。日程や発着駅、金額があっているか確認して「確定」を選択します。
 

 
 
7.これで完了です!
 

 
 
ここまでで完了です。チケットは下の方の「出票口」から出てきますよ!
 

 
 
こちらが実際に発券されたチケットです。
 

 
 
このチケットを改札に挿入すれば通過することができます。
 
チケットは到着駅で改札を出る際に必要ですので、回収するのを忘れないようにしましょう!
 
 

まとめ

 
いかがでしたか?意外と簡単そう、という方が多いのではないしょうか。
 
わたしも初めて挑戦したのですが、すんなり終わって拍子抜けしました。
 
春節でしたが自動発券機は全く混雑しておらず、待つことはありませんでした。
 
まぁまぁ安くて景色を楽しみながら台湾を回れますので、時間に余裕がある方は是非台鉄を使ってみてください。
 
そしてこの発券方法を試してみてください!
 
 
※追記 実際に台鉄に乗ったので様子を記事にしました